雲泥の差が生まれる情報の価値

2014-06-03 19:09:35

カテゴリー:情報の価値

CIMG0204

1日1回、クリック応援、よろしくお願いします!

オフィシャルサイト(独立起業サポートサイト)もよろしくお願いします!

 

今日は情報の価値について

お話ししたいと思います。

 

先日、このメルマガを読んでくださっている

KKさんより、質問メールを頂きました。

 

重富は回答メールを返信したところ

嬉しいおたよりを頂きました。

KKさん、ありがとうございます。

 

KKさんからのおたよりの抜粋
———————————————-

ありがとうございました!

~中略~

重富さんはたいへんお忙しいと思うのですが

その中でも今回のように

ご返答くださった事に嬉しくもあり驚きました。

 

僕は重富さんの動画セミナーを見て、

セルフバックで収益を得る事ができました。

 

自分でお金を生み出す事が出来て、

可能性と喜びでいっぱいになりました。

 

しかし、セルフバックは一過性のもので

限度があると思うので

やはり重富さんが推奨されているメルマガアフィリエイトで

継続的安定的収入を得られるように

勉強、実践していく所存でございます。

重富さんは現在、上海に住まわれているという事ですが

日本でセミナーやコンサルティングなどはやられていないのでしょうか。

もしやられているのであれば、是非とも参加させていただきたいです。

————————————————-

そうですね。

 

何と言っても

メルマガアフィリエイトが最強です。

 

でも何にせよ、実践したことは

大きな前進だと思います。

 

ところで

セルフバックってご存知ですか?

 

セルフバックは完全合法で

実践しさえすれば、確実に成果を出せる

方法です。

 

即日1万円、

地道に頑張れば、10万円以上の成果を

出せます。

 

と言うと、初めて聞いた方は

胡散臭いと感じると思います。

 

でも誰もが一度は通る道です。

 

しかし、KKさんの言われる通り

セルフバックは一過性のもので

限度があります。

 

もちろん、これだけで

継続的に成果を出し続けることはできません。

 

だからと言って

 

”知っている”

”実践した”

 

とでは大きな違いです。

 

実践することで貴重な経験にもなり

インターネットビジネスの基本的な仕組みを

体感的に理解できます。

 

 

こういった実践経験を

ブログやメルマガなどで

アウトプットする場合を考えてみましょう。

 

何も実践せず、

知ったことを淡々と情報発信しても

残念ながら読者さんの心へは響きません。

 

なぜならば、その文章には感情がなく

ただただ無機質な文字が並んでいる

文字の塊にしか見えないからです。

 

一方、実際に実践してみた結果を

文章にすると

自然と感情が乗った文章になります。

 

感情が乗った文章は

読み手の感情も動かします。

 

こういった記事が増えてくれば

共感してくれる読者さんが現れます。

 

さらに、情報発信者自身にも

興味を持ってくれたり、

 

「俺もやってみようかな?」

と思ってくれる人も現れてくるはずです。

 

実践してみた情報と

知っているだけの情報とは

 

同じ情報でも、

その価値に雲泥の差が生まれるわけです。

 

「知る」ことから始まりますが

知っているで終わらせるのではなく

実践してみることが重要ということです。

 

是非、この感覚を

忘れないで欲しいと思います。

 

 

セルフバックって何だ?

ってときは、下記の動画を見てください。

  ↓↓↓

脱初心者を目指す
スタートダッシュセミナー動画5

※動画の他、資料、音声もダウンロードできます。

 

下記のマニュアルも参考になると思います。

  ↓↓↓

>>>完全制覇マニュアル

 

 

この本質的なノウハウを起点にして、一気に覚醒してください!
移植式完全放置型セールスシステムの全貌を完全無料公開中!

移植式完全放置型セールスシステム

 

まずは基礎を学びたいという方には動画メルマガで
ネットビジネスの仕組みを正しく理解し
スタートダッシュで脱初心者を目指すための
無料メルマガ講座も準備しました。【必携無料ツール24選など、豪華購読特典付き】

 

まずは手堅く月収5万円の壁を突破しましょう!

読んでもらえた証にポチッとクリックしてもらえると喜びます♪(*^^)人(^^*)

 

FACEBOOKでも情報交流しませんか?友達リクエスト、お待ちしてます♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント